« 立冬 | トップページ | プロ野球FAとメジャー指向 »

2008年11月10日 (月)

日本シリーズ・総括

埼玉西武が4勝3敗で日本一に・・・久し振りの第7戦までのシリーズでファンはプロ野球の醍醐味を満喫したのではないか・・・若い力の団結が西武を日本一に・・・第6戦・第7戦は監督の手腕が大きく戦局を左右したゲームで、原監督の戦局を観る眼が不足していた・・・渡辺監督の頑固なまでの信念か・・・岸投手の使い方・・・西口・・石井一・涌井・星野の見事な継投策・・・原監督の投手起用の甘さ・・・いくら何でも若手の今年成長著しい越智投手をシリーズ5回登板、肝心の第7戦、一番重要な回での続投・・・勝ちを意識したならば投手交代、残り2回を防御できたはず・・・・打線も2回の坂本のホームラン以後、ランナー出ない・・何か積極策が打てるはず・・・選手の一人一人の勝ちに対する意識の差が明暗分けた要因であろう・・・

|

« 立冬 | トップページ | プロ野球FAとメジャー指向 »