« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

2008年・・・

今年のプロスポーツ界は、人気選手、一世風靡したプロが、続々と引退表明をした。ソフトバンクの王監督をはじめ、メジャーの野茂投手、国内では桑田、清原のPLコンビ、陸上界では朝原、そしてマラソンの高橋、永い間、我々に素晴らしいパフォーマンスをみせてくれた選手達だ。好きで選択した道で、プロとなり観客を沸かし、金をかせぐ・・・・新しいスターの誕生は・・・過去の栄光を糧にしてこれから第二の人生で活躍される。引退という文字
が強く印象に残る年になりそうだ。

|

2008年10月29日 (水)

世界はどうなる・・・・

1920年代のアメリカの大恐慌を凌ぐともいわれる、サブプライムローン破綻に始まった世界を揺るがす金融、経済問題、リーマンブラザーズの破綻による株価の暴落、バブルからの崩壊・・・アメリカこけたら世界がこけた・・・麻生日本丸は、帆船なのか、泥船なのか・・・これから、どこへ・・・・庶民を助けて下さい。

|

2008年10月 7日 (火)

今年の最高殊勲選手は・・・・

プロ野球のペナントレースもCSシリーズを残す段階、セリーグの巨人・阪神の優勝はどちらに・・・・しかし、パリーグの最高殊勲選手は、楽天の岩隅投手で決まり・・・21勝4敗の成績、最下位争いのチームで21勝はとてつもない偉業だ。近鉄Bからオリックスへの移行を断り、楽天へ、ここ2シーズンは怪我に泣かされ、それでも、万全の回復を図り、阪急Bの佐藤投手の記録から23年・・・・投手の役割分担が確率した今日、素晴らしい記録だ。稲尾,金田、権藤、山田、杉浦と昔の投手は20-30勝と勝ちまくった昔が懐かしく偲ばれる。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »